病院で花粉症の治療ができる

>

アレルギーの原因を調べる

ベテランの医師を探そう

花粉の種類を特定するために、鼻水を採取します。
鼻水を調べることで、アレルギーが起こる花粉を特定できます。
スギ花粉やヒノキ花粉などいろんな種類の花粉があります。
自分で特定することができないので、医師に検査してもらいましょう。
鼻水を採取してから、3日や1週間で結果が出ます。
スギ花粉とヒノキ花粉では、効果的な薬の種類が異なります。

特定を間違えると、全く意味のない治療になるので気をつけてください。
花粉の治療をする際は、ベテランの医師に相談しましょう。
豊富な経験を持っている医師なら、花粉の特定を間違えることはないと思います。
新人の医師は、花粉特定に時間が掛かったり、間違えたりすることがあるので避けましょう。

どんな薬の種類なのか

飲み薬の他に、点眼薬や点鼻薬があります。
目や鼻など症状が出ている部分に直接薬を散布することで、より効果を期待できます。
点眼薬や点鼻薬は、症状が気になった時にすぐ使えます。
仕事中でもできるので、いつも症状が出て気になる人は、点眼薬などの薬を処方してもらいましょう。
飲み薬は、飲む時間帯が決まっています。

決められた時間以外に飲んでも、効果を発揮できません。
飲み薬や点鼻薬でも花粉証が改善されない場合は、注射器を使います。
かなり花粉証が重症化した人しか使えないので、いきなり注射器を使おうとする医師は信頼できません。
注射は効果が絶大ですが、身体に与える負担が大きくなります。
最初は、飲み薬などを処方してもらってください。


この記事をシェアする